組織


明延鉱山を含め、養父市・朝来市にある国の近代化産業遺産「鉱石の道」エリアは、日本有数の鉱山として古くから栄え、明治以降は日本の近代化を支えた大鉱山でした。
閉山になってもその歴史や文化、景観などは未来に伝えるべき地域の誇りであり、宝でもあります。それを支えていくのは、鉱山があった地区だけではなく、広域的な組織と取り組みが必要です。