previous arrow
next arrow
Slider

一円電車あけのべ

みどころ@あけのべ

明延(あけのべ)で一番のみどころは坑道跡見学(探検坑道)と、一円電車の体験乗車。
静かな鉱山(ヤマ)の里は、町がまるごと博物館です。ゆっくりお楽しみください。

坑道見学は↓↓    

一円電車運行日程は↓↓   

   

  

2019年11月、「おおやアウトサイドギャラリー」という取り組みで、あけのべ憩いの家の前に木彫の大きな鉱山労働者風招き猫と一円電車がお目見えしました!
(詳細はタイトルボタンクリック!)

かつて明延に6つあった共同浴場のうち、1つだけ当時の外観のまま残されている「第一浴場」。
現在は明延鉱山の鉱石や、鉱山で使われていた道具、 旧明延小学校の校旗など当時をしのばせる品が数々保管・展示されています。
平成19(2007)年11月に国の近代化産業遺産に認定されました。
 (詳細はタイトルボタンクリック!)

大仙粗砕場跡

かつて、明延鉱山本部があった大仙。現在は粗砕場跡の基礎部分を下から見上げることができるだけですが、インクラインもそのまま残っています。
3基あったといわれる踏切警報機がここに1基だけ残っていて、2018年12月にペンキを塗り直しました。

その他にも…

 

坑口をイメージした「明延トンネル」、その北口の道沿いは、4月には見事な桜が見られる並木道です。また、鉄筋を鳴らすとメロディーを奏でる橋が2か所あります。「明延まるごと博物館プロジェクト」によって新しく生まれ変わった案内看板で、明延の魅力を確認してください。