10月6日(日)の「第13回一円電車まつり」に間に合うように工事が進められた、一円電車明延線の軌道延長。ついに「O」になりました!

まつりのオープニングで、くす玉を割ってお祝いセレモニーが行われました。

一円電車のチャレンジはつづく・・・

 ただ・・・工事終盤はボランティアによる作業だったとはいえ、専門家による基礎工事や材料費には相当の経費がかかりました。今年度集まった募金ではとてもまかなえません。
 募金のお願いは今後も続けていきます。それは、一円電車をこれからも走らせ続けるために、どうしても必要なことです。皆さんの暖かいご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いします!!

(このページの最後にて、作業の様子を写真でご紹介しています)

 寄付申込書はこちら↓からダウンロードしてください

   

3,000円以上のご寄附をいただいた方には特製の「しろがねくんストラップ」を差し上げます。


10,000円以上のご寄附をいただいた個人・法人・団体は、くろがね号車庫の壁面にご芳名を刻んだ銅板を掲示いたします 。



   

軌道延長作業の様子(令和元年9月15日&22日)

作業には、地元の大屋中学生も参加してくれました!

15日も22日も、大屋中学校の生徒が数人ずつ参加してくれました。 青いジャージ姿が中学生です。
大屋中学校は、生徒たちが地域活動に積極的に参加する取り組みを実施されています。小さいころから地域の人たちと関わることが日常になっている生徒たちなので、あいさつはもちろん、休憩時間の雑談にも気持ちよく応じてくれました。